2013年6月12日水曜日

命の丘

オカメばあさんの住まいは、東日本大震災で津波被害にあった地域に近い場所にあります。
海から近くて高台がありません。
非難場所に指定されている中学校は自宅からさらに海よりにあって、二階建て校舎です。

避難勧告が出たときも、自宅から動きませんでした。
幸運にも津波の被害はまぬかれましたが、数日後に東北の被害状況を見たときには背筋が凍る思いがしました。

震災以降 “津波避難訓練” が毎年繰り返されています。

オカメばあさんは強く訴えたい!!

『訓練も大切だろうが、安全な避難場所を確保してくれ!!』

求む!命の丘!!

0 件のコメント:

コメントを投稿